投稿日
2013年5月20日 10:36
テーマ:

結婚式とは、そもそもどんなものなのでしょうか?

結婚する2人は、なぜ 披露宴を催し
「新郎」「新婦」になりたいと思うのでしょうか?

結婚式は"親に見せたい 私達の晴れ姿" "今まで見守って、身近にいてくれて、
ずっと長い間働いて育ててくれた親に見てもらいたい"

親と子の関係で ひとつの区切りを感じる 結婚。

その時期だからこそ 結婚の意味を改めて 深く感じるのでは ないでしょうか?


そしてまた、結婚式の楽しみは、それだけではありません。

辛かった事・・・割り切れなかった思い・・・悔しかった事・・・

ちょっと嬉しかった事、

大笑いした仲間、

有頂天になった時代、

感動した事、夢のような出来事・・・・今日までの日々を
一緒に過ごした仲間、友人達・・・あの頃の友情を感じ合った仲間に会える、

自分が出会って選んだ結婚相手を見てもらいたい。
ちょっと自慢したい、ちょっと恥ずかしい、でも、なんだか誇らしい気持ち。

そんな いろいろなモノが入り混じっていて、

これも、結婚式の楽しみの一つ。


自分が頑張っている会社の人達、
上司や仲間、後輩にも「自分」のお披露目をしておきたい。

ひとくぎり けじめをしておきたい。

これも、社会人としての覚悟の一つ。


そして、何より これから一生一緒に生きていきたいと思った、
そう決めた相手と誓いの瞬間を
心に刻みたい。かみしめたい。

それは、自分が決めた相手を愛おしいと思い
人生最大の幸福感を味わっているだろう
この時を、夢のように残したい。


後になって思えば、結婚式とは人生の中間点にある、
家族と仲間へのありがとう・・・ふたりの幸せと美しさの想い出の宝箱なんだと。

中間点の集大成では?

img_001.jpg


植物で言えば芍薬の満開の時期のようでしょうか?

※(芍薬は花が枯れても根に人の体を健康にする抗酸化作用などの成分が蓄積されています。
本当の集大成は花が枯れても芯のところに溜まっているんです)

img_002.jpg img_003.jpg

結婚式とは、人生後半を、実りある濃いものにするために、
どうしても 必要なけじめとしての「くぎり」なのではないでしょうか?


私は、人生の中間で このくぎりを味わった人とそうでなかった人の差は、
50年後、どれくらい広がっているだろうか?と考えると怖くなることがあります。

20年間以上 結婚式を見続けてきた私にとっては、
このわずか、一日のたった、3から4時間の集いの中にある、
小さな でも 深い感動のひとひらひとひらが 人生の本当の宝物のように思えます。


目に見えないけど、手にとって触る事もできないけど、

お金のように大きなモノを動かすこともできないけど、

本当に得難い宝物のように思います。


現在の結婚式の在り方は、日本特有の文化だと思います。

大げさなようですが、この「日本の結婚式」こそ が

日本人の底力を支える原動力だと感じます。

この結婚式を見れば見るほど、

日本人に生まれてきてよかったと、ありがたい、と思います。


2013/5/20

阿久津五代子

投稿日
2013年3月15日 10:59
テーマ:

女性の役割は、何歳になっても大きいもの。

結婚前は、優しさ、上品さ 清楚さ など 美しさが求められ

結婚後は、家庭での役割、子供を産み育てる賢さ、忍耐力 妥協する聡明さ。

img_004.jpg img_005.jpg


そして、晩年は成長した子供たちの社会人としての成功を陰ながら支え
自分や夫の両親の介護に10年から20年を費やす。


img_006.jpg

一生を通じて 女性に求められる役割と期待は想像以上に大きいです。

私たち女性はこの期待に応えるために まず何をするべきか?

当たり前のようですが、「健康」では、ないでしょうか。

身体の健康は、心の健康も同時に保ちます。

私自身も40歳を過ぎたあたりから「健康」と格闘してきました。

仕事をひた走ると、留めを知らず
健康面でペナルティを追います。

健康を保ち且つどう仕事や生活を完成させていくのか、
10年来迷走して来ました。

「健康」については、テレビや雑誌、インターネットであらゆる事が語られ発信されます。

私達は、何を指標にすれば健康を保てるのか・・・常に行ったり来たりです。


ある日 書店で面白いタイトルが目に留まりました。

「毒を出す食、ためる食」アーユルヴェーダーで有名な蓮村誠さんの本でした。

そこには、今まで健康に最高だと思っていた"ネバネバ商品"が消化に負担がかかり
自分の体質には花粉症や血管のつまりにつながるという事が書いてあったのです。

30年以上健康にいいと思って毎日食べて来た食品が毒をためていた・・・

ちょっとした衝撃でした。


38歳の時 花粉症になってしまって以来いまだに年中クシャミが止まらないのは、
それが原因かと情けない気持ちになりました。

その他にも、体質と食と習慣がわかりやすく書かれており、
改めて自分の体質と何をどのような調理方法で食べるのか、
について考えさせられました。

そう思うと、料理を作ることをプロの職業としている方々は、本当に偉大です。

改めて尊敬します。


img_028.jpg



私も、60歳を過ぎたらお料理を勉強しようと思いました。

(今は、仕事に全精力と時間を投資し、そして「食」は家族にお願いしよう・・・(*^_^*)



img_029.jpg
img_030.jpg

投稿日
2013年2月 9日 11:05
テーマ:


どうやって、こどもを増やすか? 少子化担当大臣が特命されるほど

日本の少子高齢化は深刻です。

このままでは、私達の老後や子供たちの老後が心配です。

そもそも、なぜ 少子化が進んでしまったのでしょうか?

婚期が高年齢化している事が原因の一つでは?

結婚相手に妥協できない、良いと思う相手にめぐりあえない。

 結婚しても仕事は辞めないけど、子供ができたら仕事を辞めざるを得ない、

だから、うっかり結婚もできない。

 結婚したら家族を養っていけるだけ稼がなければならない・・・

でも、それは無理かもしれない・・・など、

男女ともに、将来の不安で一杯です。 当然結婚も遅れてしまいます。


少子化には、危機感を持ち長年取り組んでいるようですが 

良い案がなかなか実行されないようです。

では、この解決に向けて、何か方法はあるのか?

ある!

私は、長年ブライダル業界に居りますが、この業界こそが少子化を

解消する一番の近道を、持っているのでは?と思っています。

 まず、出産は基本的に結婚とセットです。

多くの場合、結婚してしばらくして出産します。

または、子供を授かり結婚を決意します。

よって、結婚したい人を増やす。

次に 実際に結婚する人を増やす。


では、どうやって 結婚したい人を増やすか?


それは、「結婚式」を今よりも, もっと もっと 素晴らしく ステキにすること!

「結婚式」に 憧れ 「結婚すること」が憧れになる。


大人---「将来の夢は?」   

子供---「花嫁さんになって、豪華な結婚式を挙げること!」

こんな、会話が普通になる未来があれば,結婚する人は増える・・・


そして、現実的には、パパもママも生涯仕事も現役。

イキイキと自分達のライフワークを、やり甲斐をもって 頑張れる。

子育ては、仕事を引退した、おじいちゃんとおばあちゃんと

保育園や託児所、幼稚園や小学校の放課後クラブなど、

子育てを支援できる人と、働いて外で稼げる人が、

ばっちり協力して、安心して子供達を、守る!


 まずは、私達の業界、結婚式を、もっと ステキに楽しくしましょう。

そして、更には、結婚式に費用をかけた人は、軽減税率が適用されて、結婚式を

挙げると消費税が軽減される!!! 

これ、いいですよね。

どんどん結婚して どんどん子供が生まれる。

 少子化対策の、新しい切り口ではありませんか!!

皆さんで結婚式を盛り上げましょう。

私達 ウエディング司会も頑張ろう!!!

阿久津五代子 2013/2/9


m-s_003.jpg