1. トップ
  2. 2013年11月
投稿日
2013年11月 7日 17:10
テーマ:

s-5D7A0813.jpg
ハセガワエスティの音響さん達は、皆、空を飛んでます。
と言いますのも、空間に音を放ち、その音の粒の集まりを由自在に操っているんです。

鳥の様な?パイロットの様な?感じでしょうか?

飛ばすのは、自分の体や飛行機じゃなくて「音の集合体」なんですけどね。

日本人は「音」について、少し控え目だと思いませんか?
言葉に頼っている部分多いと思いませんか?



s-P6062747.jpg
音は、感情に直結しているものなので、もっともっと有効に使うべきだと思います。

音楽が最も効力を発揮する場は、人が集まるところ。
人が集まれば、自然とその人の数だけ気持ちも交差します。






そんな、多くの気持ちの粒を、音楽が代弁し音として
空間に広がり、集まった人の心をほぐしたり、
ふんわりさせたり、ドキドキわくわくさせたり、テンションが高まったり・・・・
音は、感情を表現できるんです。

言葉も感情を表現できますが、言葉には国境があり、人種があり、ボキャブラリーも使い方も千差万別。でも、音楽に言葉の壁はありません。

音の粒は集まれば、どんな心の状態も自由に表現する事が出来るんです。


s-5D7A0732.jpg
ハセガワエスティの音響チームは、一人一人が自分の音を持ち、集まる人達、音を感じてくれる人達の心を、表現するチャレンジャー達です。

同じ曲をオペレートしても、そのディレクションによって音の丸みや広がり、とんがりや平べったさ、いろいろな状態をそのオペレーターが自分の感性で作り出すのです。


結婚式&ウエディングパーティのオペレーションは、とても奥深く面白い・・・・

ライブであり、本物です。作った空間ではなく、ドキュメンタリーです。


どんな曲をどのように表現してオペしていくのか、二つと同じものはありません。非常に興味深い作業の連続です。(生放送と同じなので、緊張します!!!)

しかも、ウエディングパーティには、いくつものドラマとテイストが、混在しています。

カッコいいオープニング入場、厳粛な主賓挨拶、盛大なる乾杯

くつろぎの銘酒ととろける美味のお食事

盛り上がる余興

感動の友人スピーチ

皆で踊るシンガー登場

2人の歴史をつづるプロフィール映像、涙と愛の手紙花束・・・

締めくくりは、フィナーレ映像でおめでとう感も最高ボルテージ。


たった2時間半のウエディングパーティの中に
これだけ生のエスプリが凝縮されているんです、結婚披露宴って。


s-掲載アップ.jpg

空飛びながら空間移動してます!!
凄いですよね!!

ハセガワエスティの音響チームのディレクター&オペのメンバーは、
音楽に囲まれて楽しくも、ドキドキ刺激的で
芸術的な日々を送ってるんです。


2013年、エスティ音響部には、各業界から仕事が集まってきています。
年末から来年春にかけて、ハセガワエスティでは音響の求人をしています。

私達は、音に関心のある仲間を探しています。
一緒に面白い音と絵の世界を創り上げられる
感性の柔らかい仲間を探しています。

発信の地、表参道や、お台場、情緒あふれる歴史の街、上野不忍池、海と風のある街、
横浜のみなとみらい、感性高まる場所で、新しい音空間をつくれる仲間を探しています。

これから先、5年後 10年後、音で人の心を表現し空間を結ぶ仕事を進化させていきます。

こうご期待あれ!



s-5D7A0689.jpg


  • 1