1. トップ
  2. 2013年1月
投稿日
2013年1月20日 12:15
テーマ:

結婚式の司会の仕事は、新郎新婦と担当の司会者が 事前に打合せを設け

直接お会いし いろいろなエピソードや二人の経歴や家族への思い、

結婚式に列席してくださるゲストとの関係など詳しく伺います。


 それをもとにどんな結婚披露宴にしたいのかを、一緒に考えて作り上げていきます。

 司会者は、自分でイメージをFIXさせコメントをつくります。 

 そこには、司会者自身の人間性や人生観も現れます。 言葉は人なり なのです。

m-s_291.jpg m-s_310.jpg

 そういった背景から、新郎新婦と司会者は、深い繋がりをもち お互いの思い入れも

生まれます。  結婚式は、人生の大事な日ですので、担当させて頂く司会者も、

最善を尽くすべく一生懸命準備します。 


特に体調管理は、最重要テーマとして神経を使います。 不思議なもので、神経を

使い気にしていると 意外と風邪など引かないもので、逆に夏休みや冬休みになると 

決まって体調を崩すという経験は、プロ司会者のほとんどが持っています。

「健康」と「不健康」のコントローラーは、気持ちのあり方のようです。 

「病は気から」と言われていますが、 「健康は気が守る」ですね。


 結婚式の司会者を、長年続けていると まわりの人から 病気も寄ってこないくらい

元気だね、とか、運気が良いから風邪もよけて通るね、と声をかけてもらえます。


 結婚式は、みんなの笑顔がいっぱい溢れている場です。

仕事のプレッシャーはありますが、もらえるものも 溢れています。

「健康」を味方につけ、 長生き、健康で長く司会ができる、そんな理想の

環境をつくっていきたいです。


 高齢化が進んで 熟年大人ばかりの世の中になりますが、健康な労働力を

増強させていく事が、私達ハセガワエスティの役割だと思っています。


2013/1/20 阿久津五代子

m-s_269.jpg m-s_271.jpg m-s_268.jpg

  • 1