1. トップ
  2. 2012年11月
投稿日
2012年11月25日 16:21
テーマ:

ハセガワエスティ ブライダル司会部では、ベテラン司会者と新人司会者がチームを組んで、コーチング制度を取っています。

ベテラン司会者さんの素晴らしさは、経験からくる安定感と、いざという時の臨機応変な対応力です。

 新人の良さは、新人力です。

「新人力」とは、新鮮なワクワク感が仕事に満ち溢れていることです。 

ベテランになると、先を読むことができるので、新鮮さは、別の次元のもの、「対応力」に変化してきます。

 ベテラン司会でも新鮮な「気持ち」を保つことはできますが、司会の仕事一つ一つが新鮮から

応用に変わっていくのです。

これは、一つの良さでもあるので、否定はできません。

 新人には、この司会の仕事その物の新鮮さが あふれているのです。 

初めて現場で入れるアドリブ、初めての演出。そのワクワク感が マイクを通してお客様の耳にも

広がり、そして 「今感」のある空間が織りなされるのです。

 ハセガワエスティの男女新人司会者は、みんな必死に練習して、何度も、現場を見学し、

何度も、現場で当日を想定したシュミレーションをし、マイクを握ります。

m-0015.jpg m-0064.jpg

最初の2年くらいは、どの新人さんも、ドキドキワクワク、時に緊張に押しつぶされそうになり

時に、アドレナリン放出で、仕事が終わっても、ハイテンションで浮遊感と幸福感が残存していたり。

その新人力を見ているベテラン司会もまた、刺激をうけて、ワクワクをもらいます。

コーチングをする側も される側も 刺激し合うのです。


 どんな 仕事にも、「新人」はありますが、プロのブライダル司会の場合は、

特に顕著にその傾向がでます。


結婚披露宴をされるお客様の中には、あえて 「新人力」を持っている司会を

希望される方もいるほどです。

m-0383.jpg m-0347.jpg

 ハセガワエスティでは、教育こそが、最大の財産と位置づけ 力を入れています。

その教育も、10年前、5年前と 変化し続けています。

 司会をする側の年齢も、お客様の年齢も、世の中の流行や ニーズも どんどん変化しています。

その変化に合わせて教育のあり方も、変化します。


止まっていたら、浦島太郎になってしまいます。 時代がどんどん変わっても、変わらないものは、

もちろんあります。その大切なものを中心に置きながら、「変化していく大切さ」を大事にしています。
 


「新人力」は、ここ2年くらい 特に求められていると感じています。

ハセガワエスティ 阿久津五代子

m-0328.jpg m-0335.jpg

  • 1